体に不調を感じたら逆流性食道炎を疑おう|治療を受けて改善する

ナース
このエントリーをはてなブックマークに追加

早期に対処することが大切

糖尿病には、1型と2型がありそれぞれ原因が異なり内科等で診断をしてもらいます。その中で、1型に関しては薬物療法が行われインスリン注射が必須になります。そして、2型はインスリン注射と食事療法などで改善をしていくように治療を進められます。

免疫細胞の治療があります

胸腺腫瘍は胸骨の裏側にできる癌の一つで、大きくなると咳や呼吸困難などの症状が出てきます。様々な治療の中の一つにNK細胞治療という、自分の免疫力を高める治療があります。メリットが大変多いですが費用が高いことが多く、治療施設で説明を受けてから行うようにしましょう。

一年に一度は受けよう

大阪では健康診断を受けられる病院の数も多く、年齢によっては無料健診が可能になっています。お知らせのハガキなどが届いていることもありますので確認しておきましょう。また自営業の方は進んで一年に一度メンテナンスのつもりで受けておくことが大切です。

増える内臓の不調

看護師

内臓の不調は大病のサインであると言われていますが、中高年になれば患者の数が激増します。管理職になりストレスを感じることも多いですが、ストレスが原因だと自己判断するのは危険です。胃や大腸の内視鏡検査を受けることがお勧めですし、人間ドックを年に一度は受けることが、大病を未然に防ぐ最良の策ではないでしょうか。がんや心臓疾患以外にも、厄介な病気が多くあります。その代表例が、逆流性食道炎ではないでしょうか。逆流性食道炎の患者は右肩上がりに増えていて、特に30代以上の割合が高いそうです。内視鏡検査はもちろんですが、投薬治療で症状は改善されるので、放置をせずに医師に診てもらうことが一番です。胃腸科を訪れてみて下さい。

逆流性食道炎の症状としては、胸焼けと吐き気が挙げられます。特に胸焼けに関しては、天ぷらやお肉を食べていなくても、食道から喉にかけて不快感が続きます。胸焼けには様々な病気が潜んでいるので、なるべく早く診てもらうことが良いでしょう。近年の研究で、胃がんとピロリ菌の関連性が明らかになりました。逆流性食道炎にも深く関係していると言われていて、ピロリ菌を除去することで不快感が軽減されるケースもあります。医師から処方される薬を数週間服用することで、ピロリ菌が除去されて胃の不快感がなくなります。逆流性食道炎を予防するためには、野菜中心の食事を心掛けて、ゆっくりと噛んで食事を摂ることです。セルフケアで改善されることもありますし、カロリーを抑えることも重要です。